知らないと損【バストアップのための有用な情報あります】

理想とする形のバストに

胸

コヒーシブシリコンの人気

シリコン製のプロテーゼ挿入による豊胸手術は、バストアップ効果の高さから口コミで人気があります。豊胸手術には、バストにバッグを挿入し、そこに生理食塩水を注入することで膨らませるというものもあります。バッグは薄い上に折りたたむことができるので、バストを小さく切開するだけで挿入することができます。そのため生理食塩水による豊胸手術も、傷跡が目立ちにくいという点で注目されていました。しかしバッグが破れて生理食塩水が漏れる可能性があり、そのため現在では、シリコン製のプロテーゼ挿入でバストアップをする人が増えているのです。プロテーゼにはいくつかの種類があるのですが、その中でも特に高い需要があるものは、コヒーシブシリコンです。これはゼリー状の柔らかいシリコンなのですが、形状を記憶するという性質があります。柔らかいため、力を加えると細くなり、小さな切開口からでもバストの内部にスムーズに入っていきます。そして挿入後には、バストの内部で元の形状に戻るのです。つまり傷跡が目立たない上に、生理食塩水のように漏れることがなく、バストアップ効果が長続きするということです。

動きに合わせて形が変化

コヒーシブシリコンのプロテーゼ挿入による豊胸手術は、本物に似た自然なバストに仕上がるという点も、長所のひとつとされています。硬いシリコンでできたプロテーゼ挿入による豊胸手術もありますが、この場合はバストを動かしても、プロテーゼは硬いため動きません。ところがコヒーシブシリコンの場合は、バストの動きに合わせて形状が変化します。たとえば仰向けになると、本物のバストと同じように、やや平らな状態になります。またバストを揉んだ場合も、その手の動きに合わせて、様々な形状になるのです。もちろん仰向けの状態から起き上がったり、バストから手を離したりすれば、バストはすぐに元の形状に戻ります。そして、このプロテーゼの元の形状は、患者が自由に選択することができます。しずく型やお椀型など、数多くのデザインの中から、好みで選ぶことができるのです。バストアップさせつつ、理想とする形のバストにすることができるため、バストの大きさや形に悩む多くの人が、コヒーシブシリコンを使った豊胸手術を受けています。