知らないと損【バストアップのための有用な情報あります】

最新の手術方法

微笑む女性

献血豊胸をしよう

バストアップ手術には、脂肪注入やシリコンを入れて行うものなど様々なものがありますが、現在人気が出てきているものが日帰りでできる手術方法です。日帰りでできるバストアップ手術の方法のひとつに、献血豊胸というものがあります。献血豊胸とは、自分の身体の中の血液を採取して少血小板血漿と多血小板血漿と呼ばれる血漿成分を抽出して、それをジェル状に加工したものを注入してバストアップができるというものです。献血豊胸は手軽にバストアップができるという点から人気となっています。脂肪注入やシリコン注入による手術は多くの時間が必要となりますが、献血豊胸の場合、注入するジェルを作る時間に2時間から3時間かかる程度で、他の手術方法よりも短時間で済ませられ日帰りすることができます。また、脂肪注入やシリコン注入などと違い、自分の血液を使用するため体への負担や拒絶反応を起こすリスクが少ないという点もメリットです。体にメスを入れることがないため、手術後の痛みや腫れもほとんどなく口コミや体験者から評判が高いです。

手術に向いている人とは

日帰りでできるバストアップ手術方法である献血豊胸には多くのメリットがありますが、手術に向いている人とそうでない人がいます。自分に向いているかどうか考えてから手術を行うということが大切です。献血豊胸は、手術の手軽さや安全性のほかに、ダウンタイムがほとんどないという点も大きなメリットです。痛みや腫れがほぼないため、メイクや洗顔、入浴をすることが禁じられていません。強い刺激を与えなければ体を洗ったり多少の激しい運動したりすることもできます。また飲酒をすることも可能です。献血豊胸は手術時間が短くすぐに効果を得ることができるのですが、自分の血液を注入するため、自然に吸収されていってしまいます。その効果は半年から1年くらいと言われているため長持ちはしません。ダウンタイムが少なく、一時的にバストアップできる方法であるため、海に行く予定があったり胸を強調するような服を着る予定があったりなど、急ぎの場合や特別な日の前にバストアップをしたい人にはとてもおすすめの手術方法です。